FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iMovieでのAVCHDファイルの読み込み

子供の運動会をハンディカムで撮ったのですが、最近のハンディカムではフルハイビジョンが当たり前、
これをDVDに焼くとなると画質が落ちる。
将来的に考えると、少しでもいい画質で保存しておきたいのですが、一番てっとり早いのがBDレコーダーで
BDにしてしまえばいいのです。
レコーダではみれますからね。

iMacでは、iMovieを使うとフルハイビジョンでの取り込みが可能なのですが、30Pでしか取り込めない模様。
さらに、独自のフォーマットに変更されるらしく、容量が8倍ちかく跳ね上がります。
16Gくらいの動画が、80Gくらいになっていました。。

これでは、先々きびしい。。。

なので、元の16Gを保存しておく方法ないかなぁと調べてみたら、カメラのディレクトリ構成のままバックアップしておけば、そのままの容量でバックアップできそうです。
これであれば、将来的にiMovieでいじりたいときも、大丈夫そうです。

ちょっと手間はかかりますが、これでいけそうです。一応その手間をまとめておきます。

(1)まずは、フォルダ構成。
このまま、PRIVATEフォルダごとバックアップしておけばよさそうです。末端のMTSファイル単発だと読み込めなさそうで、そのMTSファイルも別にインデックスを持っているファイルがあるようで、一部のMTSファイルを消したり
すると、その動画はiMovieではちゃんと認識されなそうです。実害はありませんが。
スクリーンショット 2011-10-13 23.41.39


(2)iMovieに読み込ませる為、ディスクイメージを作成。
ディスクユーティリティを使用して、下記メニューからPRIVATEフォルダが入るくらいの容量を指定して、ディスクイメージを作ります。そこに、PRIVATEフォルダを入れてやればOK
スクリーンショット 2011-10-13 23.42.18

(3)iMovieでの取り込み
あとは、iMovieを開いてカメラの取り込みより、対象のディスクイメージを指定すれば取り込める状態となります。

ちょっと手間はかかりますが、これで無事取り込めたので良しとします。

コメントの投稿

非公開コメント

追記

iMovieで読み込む際は、prIvateフォルダをカメラアーカイブの読み込みで、指定すると普通に読み込めました。
ディスクイメージを作る手間は不要そうです。
ブログ内検索
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。